関連リンク

TCFDへのリンク

「気候関連財務情報開示タスクフォースによる提言」が、2017年6月29日に金融安定理事会に報告・公表され、7月7~8日に開催されたG20の財務大臣会合にも提出されました。
タスクフォースの提言は、企業が行う“自主的な”気候関連情報開示のガイダンスと位置づけられています。しかし当社は、このガイダンスが企業に対して特に大きな影響力を持つものになっていくと考えています。
100社以上の世界の有力投資家や企業が、公表と同時にこのガイダンスへの賛同を表明しました。ESG投資(企業による環境・社会・ガバナンスへの取組を重視した投資)への注目が国際的に高まりつつある中で、日本企業がこのガイダンスを正しく理解し、適切に対処していく一助となることを目指して、当社では提言本編の日本語訳を作成しました。
日本語版は、ここからご活用下さい。
また、この日本語版はTCFDのホームページにも掲載されています。下記をご参照下さい。

写真